<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

c0002431_19403282.jpg

最近ひっぱり出して読みました。
大友さんの作品全てが好きかって言われるとそうでもないんですが、
これは面白いです。
[PR]
by juverazio | 2008-09-29 19:42 | book
c0002431_21265527.jpg

めがねのしゃんぷ~♪
のCMをみかけてから気になっていたこのシャンプー。
ありそうでなかったためか、大ヒット商品になってるみたいですね。

しゅっと吹きかけて、水で注いで拭くだけ。
ぴかぴかになります。
[PR]
c0002431_22374025.jpg

Candle JUNEの新作スカルキャンドル「dokurow」ですって。
ちょっと欲しいです・・・自分では買わないと思いますが。
[PR]
c0002431_22123769.jpg

雨がぽつぽつと降ってきた瞬間すぐさま退散。
渓谷を後にして、湯布院へ行ってきました。

別府よりも温泉街な感じがするところ。
観光案内所でどっかいい立ち寄り湯がないか聞いてみると、
庄屋の館というところを勧められたので、早速行ってみることに。

湯を前にするとそこは海地獄。
広めだし、人少ないし、温泉っぽいし★五つでした。

そんなこんなで博多に戻りお土産買って帰ってきました。
あっという間の1晩と2日間でしたが、やっぱり旅はいいです。また行きたい。

c0002431_22225160.jpg

今回のお土産は千鳥屋さんのレトロなパッケージがかわいいチロリアン。
[PR]
by juverazio | 2008-09-09 22:31 | odekake
c0002431_2157039.jpg

別府の夜ははっきり言ってなにもありませんでした。
もちろん自分たちの知らない面白い場所はたくさんあるんだろうけど。
そんなわけで、30前後になってマリオカート耐久32レースに盛り上がってしまいました。

翌朝、天気がよかったので海にでも行こうってことになったんだけど、
出発する際に旅館のおじさんが「今から海なんてありえない、くらげと友達ならいいけど。」
なんて言われたので、おじさんおススメの
女の子がたくさん遊んでる由布川渓谷へと変更に。

c0002431_2264667.jpg


細い道をひたすら進んでいくと・・・
[PR]
by juverazio | 2008-09-09 22:09 | odekake
c0002431_2140281.jpg

地獄もめぐったことだし、旅館へ直行するには時間も早かったので
別府海浜砂場へと足をのばしてみました。

ゆかたに着替えてそのまま砂場で横になりましたが、
すっぽんぽんの浴衣に慣れておらず、
風呂場のお姉さまから「前はだけちゃってます・・・」なんて言われたりして(焦)

初めて砂風呂体験しましたが、意外とずっしり感があります。
海の砂浜を盛られるのとはちょっと違いました。

最初のうちは海を眺めながら気持ちいいなぁ~なんてふけっていたものの、
15分くらいで砂どけますね~
って言われてたのに急に混み始めたせいかなかなか終わらず。

自分から起き上がることももちろん可能だったけど、
なんか負けた感がふつふつと沸いてきそうなので、我慢することに。
待つこと30分強、へろへろになりながら脱出しました。

シャワー浴びて、外で一服してたらおじさんが横でプシュッ。
いや、ほんとうまそうでした。
[PR]
by juverazio | 2008-09-09 21:54 | odekake
c0002431_22452676.jpg

後輩とは思えない寝坊をしてしまい、イベントに参加できず。
傷心のまま9時過ぎに部屋を出て向かった先は大分の別府。

とりあえず観光名所となっている地獄を巡ってみました。
一発目は海地獄というコバルトブルーの地獄でした。
綺麗な色だったので、★五つ。
(この後の地獄でもここと同じ色した温泉たくさんありますので、
またこれね感が充実してきます。最初だけは凄いじゃんって思えますので五つです。)

名物のプリンは普通です・・・

海地獄・・・★★★★★

More
[PR]
by juverazio | 2008-09-08 23:03 | odekake
c0002431_23235689.jpg

週末に中学時代の部活の先輩と福岡まで足を運んでみました。

金曜の夜に到着し、荷物だけ置いてさっそく博多の町を散策へ。
べったべたですが中洲へ向かい、二組にわかれ博多の夜を満喫。
1時前に屋台にて集合し、夜風に吹かれながら長浜ラーメンを食べてみました。

タクシーのおじさんも全然つかえないし、
なんの予備知識ももたずに適当についた店にしては美味しかったです。
もともとこの手の細めんが好きってのと、
中州で食べてるって行為自体にかなり影響されてますが・・・

写真のお店は「一竜」。
その時は知らなかったんですが、やっぱり有名な屋台だったみたいです。
僕らが行った時もえらいひっきりなしに並んでました。
c0002431_2220714.jpg
なので、写真のラーメンは全然違う店のやつです。
これでも十分美味しかったですけどね。待ち時間0分ですし。

屋台を後にしてさらにもう一軒、
飲みにいって(喋りに行って?)4時過ぎに就寝。
次の日5時半ロビーに集合予定でしたが・・・
[PR]
by juverazio | 2008-09-08 22:30 | odekake