<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

c0002431_018561.jpg

ACME(アクメ)というブランドのボールペンも買いました。
ラミネートプリントという手法で、カラフルな柄がペンの表面に施されているらしいです。
よくわかりませんが、
通常のボールペンよりポップな感じが良いのでそれで良しとします。

結構な種類が並んでいたのですが、
イスが並んでかわいかったのでチャールズ&レイ・イームズデザインの物にしました。
ってもちろん、他のデザイナーなり建築家なりは知らない人だらけなわけで・・・
やっぱり知ってるデザイナーを贔屓にしてしまうわけです。

キャップを挿すと高さと重量感が出て書き心地も二重丸。
こちらは水性ボールペンのみ。

もう1本はシャープペンシルなど4つの機能があるタイプ。
こちらはモノトーンの螺旋がかわい気です。
まぁ、実際に活用度でいえばこちらのほうが全然使えそうなわけで。

4種類の中にはPDA用のタッチペンも付いておりますが、
PDAなんて持った事もない自分には必要のない部分なので、
早速実用度の高い赤ボールペンに差し替えさせていただきました。
[PR]
by juverazio | 2007-01-31 00:41 | fashion
c0002431_20163499.jpg

今日は時間をみつけて原宿から渋谷と散策して参りました。
↑が収穫した物達です。

中身は・・・
[PR]
by juverazio | 2007-01-30 20:34 | fashion
プロフェッサーXの右腕だったジーンの死により、
いまだその動揺から立ち直れずにいるX-MEN。
そんな中、"ミュータントは病だ"と主張する天才科学者によって、
ミュータントの能力を消去し普通の人間にすることのできる新薬"キュア"が開発される。
"ミュータントのまま生きるか、それとも人間になるか"という究極の選択に、
ミュータント社会は大きく揺れる。
マグニートー率いるブラザーフッドは、キュアの根絶を狙い、
キュア開発のカギとなる少年ミュータント、リーチの強奪に動き出す。
一方、X-MENは人類とミュータントの全面戦争を回避しようと奔走するのだが・・・


c0002431_0354536.jpg
一応完結編なのでしょうが、スピンオフ作品もあるそうですし、
やはり3になると少々パワーDOWNな感じは否めませんね。
むか~しテレビ東京で夕方やってたのが懐かしいです・・・

今週の映画
「Xメン3」 ・・・ ★★★☆☆
[PR]
by juverazio | 2007-01-30 00:36 | movie
c0002431_20531416.jpg

DIGAWELのヘチマブラウスです。

本日は久々に中目黒に用事があったので、次の用件の前にぷらっと寄り道してきました。
って言っても次の用件にはちゃんと30分遅刻していきましたが。

てくてく駒沢通りの坂を上っていき、がちゃっとドアを開けようとしたら・・・
閉まってました。
こんな時に限ってクローズかよぉと泣きながらも、
しょうがないので目の前のバス亭で恵比寿行を待ちながら中を覗いてたら・・・
開きました(笑)
休憩中やらなんやらだったみたいです。

事前情報通りS/S物は未入荷でしたが、白シャツがたくさん並んでおり、
circus さんが紹介されている噂のマウンテンパーカも置いてありました。
(激小サイズのみでしたが)
そこで、以前気になっていたプルオーバを購入。

袖がめくられて陳列されていたのですが、これがまたいい雰囲気で。
願うならば、自分が着た時もあのままの雰囲気が出ればと思います。
[PR]
by juverazio | 2007-01-23 21:16 | fashion
c0002431_20302582.jpg


auのデザインプロジェクトだったりdocomoのDSだったりiPhonだったり、
各社色々と策を練ってくれていますが、
韓国のLG電子からはPRADA携帯まででてきちゃいました。

「大衆でも手の届がぜいたくなもの」 との狙いらしいですが、お値段600ユーロ!!

1ユーロ150円を突破する時代にこの価格。
ってか、そもそも日本では使えないんだった・・・
[PR]
c0002431_21383775.jpg


6畳+台所3畳フロなしというアパートで貧乏ながら結構楽しい生活を送る
美大生、森田、真山、竹本の3人。
そんな彼らが、花本はぐみと出会い・・・


人気漫画の実写ですが、原作見てないので普通に見れました。
青春映画です。

伊勢谷くんが天才肌の森田役を演じていましたが、
確か彼実際に芸大に行っていたような気が・・・
学生時代、津野くんなんかと共に好きなモデルさんでしたので。

それにしても、蒼井優ちゃんはかわいいです・・・

今週の映画
「ハチミツとクローバー」 ・・・ ★★★☆☆
[PR]
by juverazio | 2007-01-18 21:37 | movie
c0002431_21183274.jpg

話題のメガマック食べてみました。

飲み会後、小腹が減っていたのでなんか食べてこうかなと思った時に
マックのネオンが深夜の街に燦々と輝いておりました。
その時、
「メガマック売り切れだったよ・・・」と寂しそうに話していた上司の顔が浮かび、
上司の分までここで俺が食っといてやるかみたいな感じで購入。

車中にハンバーガーの匂いを充満させつつも、ぺロリと完食。
思ったよりもボリュームはありませんでした。
って言うか、100円マック3つ買った方が経済的ですね。

ちなみにコレ一個食べてしまうと、
一試合完投出来るだけのカロリーを摂取できるそうです・・・
[PR]
「失望したときには、オレと一緒に死んでみる?」
「退屈だし、別にいいよ。夏の間なら」―
僕らは18歳にならないと思っていた。これ以上、成長するなんてウンザリだ。
海辺で出会い、バイクで夏をかけぬけた17歳のココとレン。
ふたりのあてもない旅の行く先は・・・


芥川賞作家の伊藤たかみの作品。

17歳の青春ってこんな感じなんでしょうか?
c0002431_20482293.jpg途中のパーティシーンはダニーボイルの 「ザ・ビーチ」 を連想させます。
ピザが食べたくなります。

そんな感じでした・・・

今週の読書
伊藤 たかみ  著 
「17歳のヒット・パレード(B面)」 ・・・ ★★★☆☆
[PR]
by juverazio | 2007-01-16 20:48 | book
都心に暮らす男女、それぞれの愛のかたち。
35歳目前にマンションを買う決意をする独身女性、
出会ったばかりのルームメイトに恋心を持つ女、
出会い系サイトで知りあった男と情事を重ねる主婦・・・
都心に暮らす男女の心の隙間を描く恋愛小説集


愛がいない部屋って時点で、あまり好きじゃない感じがしましたが、
以外にも後味の悪い話ではありませんでした。c0002431_2358071.jpg

神楽坂にあるマンションを舞台に、
微妙な方達が色々な暮らしをしていますが、
なんだかんだで最後には希望がもてるような話です。

今週の読書
石田 衣良  著 「愛がいない部屋」 ・・・ ★★★☆☆
[PR]
by juverazio | 2007-01-11 23:58 | book
c0002431_22485547.jpg

カットソーだけでは物足りずこんな物達まで買いました。
イーリーキシモトのスニーカーと、UAのベルト。

スニーカーはまたもや白を買ってしまいました。
我が1軍選手達を見てみると・・・コンバースかマカロニアンしかなかった・・・
選手層が薄すぎなのにもかかわらず、同じ系統の選手ばっかり補強しちゃいます。
たま~に異色のベテラン選手ミハラも登場しますが、最近は出番が減ってます。

でも、いいんです。白が気分なんです。
巷でどんなに白がとやかく言われようが、白を履いていきたいと思います。

ベルトは、こういうの1本くらい欲しいなぁと思ってたのでとりあえず。
一昨年あたりから流行ってましたが、いいんです。
でもこれ、巻いててもパンツがずり落ちてきます・・・
[PR]
by juverazio | 2007-01-08 22:58 | fashion