<   2006年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

c0002431_14573555.jpg

二〇〇六年秋、“ネット財閥”アクトグループの役員を狙った連続テロが起こる。
実行犯は入江一功をリーダーとする「ローズダスト」を名乗る五人グループ。
警視庁の並河警部補は防衛庁情報本部の丹原朋希と捜査にあたるうちに、
朋希と一功の間の深い因縁を知る。
かつて二人は防衛庁の非公開組織「ダイス」に所属し、
従事していた対北朝鮮工作が失敗、二人が思いを寄せていた少女が死んだ。
朋希を除く生き残った工作員たちはテロリストとなり、
アクトグループ役員となった元上官に復讐しようとしているのだと…


福井 晴敏の新作は、東京お台場を舞台にしたテロでしたが、
機械のように育てられた青年兵士が、頑固な中年と過ごす事で、
徐々に人間らしさを取り戻していくって構図・・・いつもと同じですね。

そのワンパターンさが福井晴敏の魅力なのか、微妙なところですが、
なんだかんだいっても、かなり引き込まれました。
なので3時過ぎまで夜更かししちゃいました。

それくらい面白いです。

ただ、お台場の位置関係がわかりずらい、というかわからなかったので、
地図を描いておいてくれるとさらに◎でした。

今夜の読書
福井 晴敏 著 「Op.ローズダスト」 ・・・ ★★★★★
[PR]
by juverazio | 2006-05-29 03:56 | book
c0002431_2034043.jpg

仕事帰りに美容院行ったら、混んでたので待つことに。
その時に持ってきてくれたのがこの日本代表チームチップス。

どうやらそこの美容院のトレンドらしく、一週間で20個以上食べてるとのこと。
「もう食えない・・・」との言葉と共に、カードの抜かれたチップスが机に残されました。
[PR]
c0002431_23423054.jpg

先日、バング&オルフセンから05-06のカタログが届きました・・・05-06??
まぁ、細かい事は気にしないでいこうと思います。

中をめくると、素晴らしく格好いいオーディオが並んでます。
ほんと、未来映画に出てくるような洗練されたデザイン。
こんなオーディオに囲まれた生活してみたいもんです。

ちなみにこれには価格は掲載されてませんでしたけど・・・
[PR]
by juverazio | 2006-05-25 23:52 | fashion
c0002431_0402768.jpg

最新のテクノロジー(JavaScript)を駆使した画期的なインターフェースを装備。
あなただけのヴァーチャル本棚が完成いたしました。
アマゾンとの連携により書籍・CDを登録、あなたの所有欲を満たします。


so_melancholy さんのとこにてこんなの発見。
とりあえず無断で真似して置いちゃいました(笑)

いざ選んでみると、なかなか出てこないもんです・・・
[PR]
c0002431_22364282.jpg

カンヌで「ダヴィンチ・コード」が上映される中、
サンドニで行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝。

現サッカー界の2大スター、アンリとロナウジーニョの競演はやっぱり華がありますね。
ところで、この試合でもいいドリブルしてたジュリ。
何故に代表落選?
[PR]
by juverazio | 2006-05-19 22:44 | sports
別れのあと、互いに連絡をとらずに7年が過ぎた。
言葉が足りなかったために起こった、すれ違い。後悔の念は積もってゆく。
時を超えて交錯する、恋人たちの運命―偶然が二人を再会させると、
別離の日から男女がそれぞれに歩んだ日々が浮かびあがる。
再会の7日間に奇跡は起こるのか・・・


辻仁成と韓国No.1人気女性作家の孔枝泳(コン・ジヨン)がそれぞれの視点で
描いた、韓国のベストセラー作品。
c0002431_21332331.jpg
ってのをコレ書いてる時に初めて知りました。
「冷静と情熱のあいだ」みたいな感じでしょうか。

冷静と・・・は青しか読んでないんだけど、
今回のはちょっとピンクも読んでみたいかも。
でも、一番読んでみたいのはカンナの視点で描かれた作品かな。

今週の読書
辻仁成 著 「愛のあとにくるもの」 ・・・ ★★★☆☆
[PR]
by juverazio | 2006-05-18 21:33 | book
奇譚(きたん)とは、不思議な、あやしい、ありそうにない話。
しかしどこか、あなたの近くで起こっているかもしれない物語――
話題の四作品に、書き下ろし『品川猿』を加えた、村上春樹待望の最新作品集刊行!

c0002431_21125886.jpg
村上春樹作品だから売れるんだろうなってのが感想です。
なんかあんまりピンときませんでした。

今週の読書
村上春樹 著 「東京奇譚集」 ・・・ ★★☆☆☆
[PR]
by juverazio | 2006-05-18 21:13 | book
c0002431_1337745.jpg

科学者のリード・リチャーズは、宇宙嵐を調査する資金集めに奔走していた。
学生時代からリードのライバルだったバン・ドゥームは、
研究を自分の功績に出来ると企み、リードに資金提供することに。
リードは、相棒ベン、元恋人の科学者スーと、その弟ジョニーと宇宙へ旅立つが、
予想より早く訪れた宇宙嵐に巻き込まれ、全員がその放射線をあびてしまう。
地球に戻った彼らは、やがて不思議な力を発揮し始める…


期待を裏切らない作品でしたファンタスティツク4。
予想通りの話に、予想通りの結末。
いいんです。アメコミ映画は単純明快な話でいいんです。c0002431_13442833.jpg

ただ、予想外だったのが、スー役のジェシカアルバが素敵でした。
さらに予想外だったのが、彼女・・・年下でした。

今週の映画
「ファンタスティックフォー」 ・・・ ★★★☆☆
[PR]
by juverazio | 2006-05-15 02:00 | movie
c0002431_1402180.jpg

結局バックは間に合わなかったので、とりあえず花だけでもという事で、
閉店間際の青山フラワーマーケットに滑り込んで買って参りました。
って言ってもその後飲みにいってしまったので、まだ渡せてないけど。

閉店時だってのに、すごいレジに並んでました。
しかも、花がほとんどなくて、これの小さいのと2種類しかなかったし。

最初、鉢が薄いラベンダー色のだったんだけど、お会計直前に
奥から赤い鉢バージョンが出てきたので変えてもらっちゃいました。
自分の後ろにも大勢並んでたんだけど、こっちのほうがかわいいし。

喜んでいただけると嬉しいね。
[PR]
c0002431_0191494.jpg

もぉ当日になってしまいました・・・

リリーフランキーの「東京タワー」に見事に影響された自分でしたが、
結局何が欲しいのかわからないので、直接何が欲しいか聞いちゃったところ、
このバックのもう一回り大きいのが欲しいということ。

で、差し出されたのが Herve Chapelier (エルベシャプリエ)のバック。

一昔前に流行りましたが、雲行きが怪しくなると日本からささっと消えていた
フランスのバックです。

ってことで、どこで売ってんのか調べたんですが・・・どこにもないよ。
百貨店で扱っているのは伊勢丹だけということで、浦和、吉祥寺と電話してみたけど、
どちらも希望のサイズ&カラーは展開がないらしい。

代官山の路面店にいたっては、別のお店に変わってたし。

結局なんにも用意しないまま当日になってしまいました。
c0002431_033293.jpgまぁバレンシアガって言われても正直困ってしまいますが、
エルベもまた困りもんの要望です。

と思ってこの記事書いた後、もう一度調べてみたらありました。
代官山店。こちらにでも行ってみますか。
[PR]