<   2005年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

c0002431_15373926.jpg

インド帰りの友人から現地で一番ポピュラーな煙草をいただきました。
紙をくるくる巻いただけの簡単な造りの煙草で、インド人はコレをすぱすぱ吸ってるらしい。
ただ、コレ煙草だよね?
ヒンズー語なんてもちろんわからないからなんとも言えないんだけど、
Cigarette らしき文字がどこにも見つからず。

あれ、なんか段々気分良くなってきた・・・

あぁ~段々視界がぼんやりしてきたよぉ~

なんて事にはなりませんでしたが(笑)

向こうでは100g¥600くらいでそれらしき物が売ってるらしいです。
小心者なのでわたくしは手を出せませんけどね。


これ↑もらった時の飲み屋でイントロクイズがあったんだけど、マイアヒ~が流れました。
マイアヒって日本だと夏あたりから流行ったけど、
春にタイに行ってた人が、現地ではこれがすんごい掛かってるよって言って
聞かせてくれたのがこの曲だったんだよね。

日本って亜細亜の中でも音楽はそんなに進んでないのかね?
ただ単に自分が知らないだけで、日本でもメジャーだったのかなぁ?

先週のお土産
インドのたばこ ・・・ 25本入り日本円で¥10くらいだそうです。
[PR]
c0002431_21354033.jpg

渋谷パルコに入っているミュウミュウのお店でベルトを買ってしまいました。
ジャラジャラしてます。

今現在使用しているベルトはなんと高校生の時買ったPaul Smith のもの(驚)
かれこれ10年ちかく愛用しているベルトだったわけです。
黒のシンプルなベルトで、スエードっぽい素材のものなんだけど、
凡用性が非常に高く、デニムにはほとんどこれを合わせてました。
って言うか私服用のベルトはこれ1本しか持ってなかった(焦)

最近仕事でもデニムを穿ける機会が多くなったので、
これを機になんか新しいのでもと探していたんだよね。

で、先日久々に会った友達と買い物しに行った時、青山で見かけたのがコレ。
友人がこのベルト欲しいんだよな~って言ってたのが、
これとは違う型押しされた牛革のベルトでお値段なんと¥70000!!

でも、自分がいいなと思ったのが↑のベルトでお値段も半分以下。
迷った挙句、ここがその日最初に入ったお店だったし、昼飯もまだだったので
とりあえずスルーしてしまったのです。
(結局この後昼飯になにを食べるか決まらず、遊歩道沿いのパスタ屋に着くまでに
1時間半くらいかかりました。
篠原涼子と優香がやってる番組で、
女の子はご飯なに食べるか決めるのに時間がかかるって言ってたけど、
うちら男2人も似たりよったりです。優柔不断すぎっ!?)

c0002431_22321728.jpg結局その日は2人とも何も買わず
消化不良で終わっちゃったんだけど、
やっぱり気になったので、
近場の渋谷店まで行って買っちゃいました。

2005秋冬コレクションで、
MIUMIUはこのベルトをコートやニットの上から
巻いてたんだけど、さすがに自分には
そんな着こなし挑戦できないな・・・
ふつ~に巻いて出かけます。

今日の買い物
miumiu のベルト ・・・ ¥30000
[PR]
by juverazio | 2005-10-27 22:05 | fashion
c0002431_235462.jpg

先日のセブンに引き続き、またもや手に入れてしまったのが、

ペーパーデニム&クロス

プレミアジーンズの先駆け的存在の同ブランドですが、最近はチョットお疲れ気味。
デニム売場でも段々と隅に追いやられてる感じがします。
でも、、まぁそこは2万円を超えるジーンズだけあって、
シルエットや色落ちなどなかなかの物であると・・・思いますよ、多分。

1YEARと呼ばれるこちらの型番は、1年くらい穿きこんだ色あいだそうです。
ただ、このジーンズに限らずなんだけど、どのジーンズも股上が浅すぎ。
メンズ物はもうちょっと深くてもいいのに・・・
なんて思う人はここらのジーンズなんて買うなって事なんでしょうけど。

c0002431_23191427.jpgちなみにここのブランドのジーンズは
全てにシリアルナンバーが入ってます→

ご覧の通り自分のは38875番です。
この番号のデニムに出会ったら
ぜひ声をかけてくださいね(笑)
[PR]
by juverazio | 2005-10-26 23:18 | fashion
c0002431_2385820.jpg

久々に深夜のサッカー見てたら、これまた久々に中田英寿がやってくれました。

さぁ、明日のスポーツ新聞の一面は

今日も阪神に大勝して2連勝ロッテ?

プレミア初ゴール中田?

3冠馬ディープインパクト?

こちらも初ゴール ルマンの松井???
[PR]
by juverazio | 2005-10-24 02:40 | sports
さまざまな職業、年齢、経歴の十人がU・N・オーエンと名乗る富豪から
インディアン島に招待された。
しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についたとき、
どこからともなく客たちの過去の犯罪を告発してゆく声が響いてきた。
そして童謡のとおりに、一人また一人と…

以前、先輩にイニシエーションラブを薦めた時に紹介された本がコレ。
そんなに長い話ではないので、すらすら読めちゃいました。

外国の話はそんなに読んだ事がないので、
最初の頃は登場人物が誰が誰だがちんぷんかんぷんで、
c0002431_15215395.jpg何度も目次の人物紹介を見て確認しちゃいました。

孤立した場所での殺人話はよくあるけど、
自分がもしも(絶対そんな状況におちいりたくないですけど)
その状況下にいたら、
一人で行動なんて恐ろしくて絶対出来ないけどなぁ。
トイレも誰かと連れションです(笑)

今月の読書
Agatha Christie 著  清水 俊二 訳 「そして誰もいなくなった」 ・・・ ★★★★☆
[PR]
by juverazio | 2005-10-22 15:28 | book
レベル7まで行ったら戻れない―。謎の言葉を残して失踪した女子高生。
記憶を全て失って目覚めた若い男女の腕に浮かび上がった「Level7」の文字。
少女の行方を探すカウンセラーと自分たちが何者なのかを調べる二人。
二つの追跡行はやがて交錯し、思いもかけない凶悪な殺人事件へと導いていく。

久々の宮部作品。コレも類にもれずかなり面白いです。
650ページにもおよぶ長編ながら、全く飽きさせない展開。

難点をあげるとすれば、女子高生の失踪した経緯が弱く、
c0002431_14582548.jpg記憶を失った2人の話とを結びつけるのが、
やや強引な設定である気もしたかな。

ただ、あくまで粗を探せばという事なので、
全体的には素晴らしい作品だと思います。

この話にも小さな子供が登場するのですが、
小学生ながら彼女、すごいです。

ちなみにレベル7というと、ちょうど バギ が使えるようになったくらいでしょうか?byドラクエ

今週の読書
宮部みゆき 著  「レベル7」 ・・・ ★★★★★
[PR]
by juverazio | 2005-10-22 15:01 | book
c0002431_0173417.jpg

わけあって、今日は久々に姉に会いました。時間があったので、
これでも読んでればって見せてもらった本が 渡辺真理奈

「甘露なごほうび」

ペラペラめくってみると、渡辺さん、かなり食べ歩いているみたいです。
麻布や六本木の洒落たカフェやリストランテがた~くさん紹介されてます。
朝、べーグルが食べたくなって近くのカフェで朝食を・・・なんて

うちの近くにはべーグルを出すような洒落たカフェなんてありませんからっ!!

僕も近くにべーグル出すようなカフェがある街に住んでみたいもんです。
庶民の自分にはちょっと遠い話でしたが、
グルメ本としてはなかなか面白かったので、
機会があればここらのお店に行こうかな~なんて思いました。
(そんな機会あるのかな~(笑)

ところで、目次の一つに 「村上ワールド」 (多分こんな感じの題名)
というのがありました。
ねじまき鳥クロニクルを読んで、サンドイッチやドーナツが食べたくなったそうです。

これ、かなり共感しちゃいました。
村上春樹といえば、ダンキンドーナツや紀伊国屋ですよね。
[PR]
by juverazio | 2005-10-21 00:40 | book
c0002431_023188.jpg

カラダを重ねるたび、唇が嘘を重ねる。

彼女はとてもずるい。でも計算されたずるさではないと思うの。
                          ジュリア・ロバーツ

彼女との関係にのめり込むことで、自分を捨て去ってしまうんだ。
                          ジュ-ド・ロウ
 
彼女は4人の中で一番素直で正直なキャラクターなの。
                          ナタリー・ポートマン

すべてをひっくり返して、ラリーの立場からみなければならなかったんだ。
                          クライブ・オーウェン

重なりあう、4人の愛。ロンドンで引き寄せられるようにめぐり合った
フォトグラマー、小説家、ストリッパー、そして医師。
情愛、嫉妬、熱望・・・嘘と真実の狭間で次第に変化していく
それぞれの愛し方、求め方。赤裸々な言葉で綴られる
4人の関係はロマンチックで甘美な香りをかもし出す。


4人の豪華キャストがおりなす恋愛模様=四角関係は、
複雑で途中わけがわからなくなっちゃいました。

この映画が教えてくれること、それは

男のほうが確実にめめしい

という事でしょう。確かに共感せざるを得ませんね。
小説家のダンが、ジュ-ドロウが演じてるからまだ見られるものの、
どうしようもないへタレっぷりを発揮してます。
まぁ、でもいきなり 「もう、愛せない」 って言われてもねぇ。

確かに自分みたいなお子様には厳しすぎる恋愛模様なので、
R15指定にも納得!?いやR30くらいが適当かなと・・・

今週の映画
「クローサー」 ・・・ ★★★☆☆
[PR]
by juverazio | 2005-10-20 00:29 | movie
c0002431_142108.jpg

旅に持っていく本

BRUTUS なかなかやるねぇ。旅と本、切っても切れない関係です。
あ~本を片手に旅に行きたいなぁ~・・・と思いつつも、そんな計画今のところは
全くないので、この雑誌で我慢しときます。

この中に 「49人の旅好きが持っていく147冊の本。」 という記事があって、
F1ドライバーの佐藤琢磨や(来期もF1の舞台に残れるのかね?)UAの栗野宏文、
映像作家の高城剛から長州小力まで様々な人選がなされてます。
そして、その中でさすがわブルータスと思わせたのが、

相武紗季ちゃん & 宮崎あおいちゃん !!

う~ん、旬な人選です。

ちなみに相武紗季ちゃんの選んだ本に宮部みゆきのブレイブストーリーが入っていました。
趣味があいそうです。
今度お茶にでも誘ってみようかなぁ?

c0002431_14215092.jpg
c0002431_14224438.jpg

[PR]
by juverazio | 2005-10-19 14:23 | book
c0002431_1472295.jpg

ひょんな事から高価なジーンズをいただきました。
お値段なんと¥30000弱のジーンズ。とても労働者階級のパンツとは思えない値段。

昨今のプレミアジーンズブームが巻き起こる中、レディースでは有名なセブンのデニム。
ペーパーデニム、ブルーカルト、AG、ディーゼル、ジョーズ、セルフォンテーヌ、
最近だとチップ&ペッパー、トゥルーレリジョン、ロック&リパブリック、アーネストソーンなどなど
数々の並み居るブランドをおさえ、トップの座に君臨する(であろう・・・)ブランドです。

もお、セブンの時代じゃないって人もいるかもしれないけど、
実際の販売枚数で言えばまだまだセブンの牙城は崩れないんじゃないかな。

このデニム、高校時代エヴィスのレプリカを穿き込んで色落ちさせてたのが懐かしい、
かなり色落ちされたデニムです。
当時は洗濯して、乾燥機かけて縮ませて、丈つめて、穿いて穿いて、授業中ももこすって(笑)
家に帰ったら綺麗にヒゲが出るようにと逆さまに吊るして。
そんな苦労を買った瞬間から穿く事ができる優秀?なジーンズ。

確かに、いいお値段だけあって、半分以下の値段で買えるドメスティックブランドの
色落ち加減とは違う気がします。(あくまで気がするだけだけど)

しかし、世の中のオシャレさん達はさらにすごいジーンズがお好みなようです。
それはオーダーメイド。c0002431_28189.jpg
形、色はもちろんのこと、ダメージの具合や場所、
さらにはスワロ夫スキーや刺繍も
好きなように入れられるらしいです。
自分の好きなようにいじれて、
なおかつ世界に1本しかないジーンズ。
確かに欲しいかも・・・ただしお値段は¥100000くらい~。
自分みたいな庶民には一生穿く事はないんだろうなぁ。

今月の読書
乾くるみ 著  「機械の森」 ・・・ ★★★☆☆
[PR]
by juverazio | 2005-10-17 02:08 | fashion