コンビニ・ララバイ

c0002431_211142.jpg

小さな町の小さなコンビニ、ミユキマート。
オーナーの幹郎は妻子を事故で亡くし、幸せにできなかったことを悔やんでいた。
店には、同じように悩みや悲しみを抱えた人が集まってくる。
堅気の女性に惚れてしまったヤクザ、声を失った女優の卵、
恋人に命じられ売春をする女子高生。
彼らは、そこで泣き、迷い、やがて、それぞれの答えを見つけていく・・・


ずいぶん古い作品みたいでしたが、知り合いに薦められて読んでみました。
とりたてて、どうという感じではないのですが、
さらさらっと読めます。

本の雑誌が選ぶ2002年上半期ベスト1作品です・・・ほんとに??

読書
池永 陽  著 
「コンビニ・ララバイ」 ・・・ ★★★☆☆
[PR]
by juverazio | 2007-12-05 20:59 | book