ジェネラル・ルージュの凱旋

c0002431_217029.jpg

桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、
伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、
不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。
それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、
匿名の内部告発文書だった。


海堂尊の医療シリーズ第3弾(螺鈿迷宮入れると第4弾ですが)。
前作「ナイチンゲールの沈黙」と同時進行の話でした。
ジェネラル速水はちょっと臭いですが、エシックス沼田はいい味だしてます。

福井晴敏ばりのワンパターンと言われればそれまでですが、
医療シリーズも楽しめます。

読書
海堂 尊 著 
「ジェネラル・ルージュの凱旋」 ・・・ ★★★★★
[PR]
by juverazio | 2007-11-12 21:04 | book