映画篇

c0002431_2339774.jpg

才能っていうのは力のことだよ。
でもって、力を持ってる人間は、それをひけらかすために使うか、
誰かを救うために使うか、自分で選択できるんだ。


「太陽がいっぱい」
「ドラゴン怒りの鉄拳」
「恋のためらい/フランキーとジョニー もしくは トゥルー・ロマンス」
「ペイルライダー」
「愛の泉」

5編の短編が、「ローマの休日」で繋がっております。
5つ目の作品でのいとこ同士のやりとりが一番好きでした。

読書
金城  一紀  著 
「 映画篇 」 ・・・ ★★★★☆
[PR]
by juverazio | 2007-10-24 23:37 | book