陰日向に咲く

ホームレスにあこがれて本当のホームレスになってしまうサラリーマン、
いわゆる秋葉系のアイドルおたく、
男に遊ばれる自称カメラマンの卵の20歳の女の子、
ギャンブルで借金まみれの中年男、
浅草のストリップ劇場の売れない芸人。
タイトル通り、“陰日向に咲く人々”を描いた
素敵(すてき)にいじらしい5編からなる連作短編集。


結構前になってしまいますが、劇団ひとりの文才が評判になったこの作品。
会社の女性が持ってきたのを拝借させていただきました。

5話の短編がところどころ繋がっていて、よくある手法ではありますが
なかなか楽しめます。
あ~、こいつかぁ みたいな感じで。c0002431_0184970.jpg

ただし全体としては、前評判が高かったためにちょっとね。
お笑い芸人が書いたって事は、確かに凄いですが・・・

今週の読書
劇団ひとり 著 「陰日向に咲く」 ・・・ ★★★☆☆
[PR]
by juverazio | 2006-10-01 00:18 | book