となり町戦争

ある日届いた「となり町」との戦争の知らせ。
僕は町役場から敵地偵察を任ぜられた。
だが音も光も気配も感じられず、戦時下の実感を持てないまま。
それでも戦争は着実に進んでいた・・・


本屋さんがオススメしてたので読んでみた「となり町戦争」。
現実味のない、となり町との戦争が淡々と進んでいきますが、
主人公と役場の女性職員以外の登場人物が薄っぺらかったかなぁ。

c0002431_238344.jpgそれでも、設定や雰囲気はなかなか良かったです。
資料も独特な感じがしました。

小説すばる新人賞受賞作です。

今週の読書
三崎 亜記 著 「となり町戦争」 ・・・ ★★★☆☆
[PR]
by juverazio | 2006-07-13 23:07 | book