亡国のイージス

在日米軍基地で発生した未曾有(みぞう)の惨事。
最新のシステム護衛艦《いそかぜ》は、
真相をめぐる国家間の策謀にまきこまれ暴走を始める。
交わるはずのない男たちの人生が交錯し、
ついに守るべき国の形を見失った《楯(イージス)》が、日本にもたらす恐怖とは。


終戦のローレライが5本の指に入る面白い小説だったので、
こちらも評価の高い亡国のイージスも読んでみました。

ローレライが第二次世界大戦を描いた戦争物だったのに対し、
こちらは現在の自衛隊を舞台にした作品。

前後半で、如月行への感情移入の仕方が変わったんだけど、
c0002431_12321483.jpgラストの終わらせ方が自分としては良かった。
ただ、グソーの秘密には驚きましたけど。アララって感じで・・・

映画は酷評されているので遠慮しておこうかな。

今週の読書
福井晴敏 著 「亡国のイージス」 ・・・ ★★★★★
[PR]
by juverazio | 2006-03-20 12:32 | book