東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

c0002431_22112135.jpg

大切に扱ってもらえる本にしたい。
そして、これはオカンの本なのでオカンなテイストにしたかったのです。
よく、もらった洋菓子の包装紙とか、結んである金色のひもとか、
うちのオカンに限らず、おばちゃんってそれを捨てられないで、
大事に取っとくじゃないですか。
あれみたいに、なんだか捨てられないかんじがする本にデザインしたつもりです。


リリーフランキーの「東京タワー」。
会社の女性が持ってきてたので、拝借して参りました。
周りから’泣ける’なんて言われてたので、どんなもんだいと思って読んでみたら・・・

泣けます。

いや、実際には泣かなかったけど。
オカンに何かプレゼントでもしようと真剣に考え中です。
そのことを考えさせてくれただけでも五つ星。

今週の読書
リリー・フランキー著 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 ・・・ ★★★★★
[PR]
by juverazio | 2006-03-15 22:23 | book