インザプール

水泳中毒、常時臨戦態勢な男、自意識過剰なコンパニオン、
携帯依存症の高校生、心配性なルポライター。
様々な心身症の患者達が訪れた伊良部総合病院。
地下にある神経科の扉を開けると「いらっしゃ~い」の声と共に、
太った医者の姿が・・・


後の「空中ブランコ」で直木賞を取った奥田英朗の作品。
患者達が妙に現代っぽくて、読んでて自分もその気があるんじゃとひやひやしました。

ただ、ジムで泳いでた時も2Kmなんてとてもじゃないけど泳げないし、
常時臨戦態勢でもないし、そこまで自分の事思えないし、
携帯なくちゃ、そりゃ気になるけどなきゃないでなんとかなるし、
タバコ消したっけって一回くらい戻る時もあるけど、そんな事すぐ忘れるし。
c0002431_0513935.jpg
あ~よかった、病院いかなくて済みそうだ・・・

今週の読書
奥田英朗 著 「インザプール」 ・・・ ★★★★★
[PR]
by juverazio | 2006-01-16 00:50 | book