Level 7

レベル7まで行ったら戻れない―。謎の言葉を残して失踪した女子高生。
記憶を全て失って目覚めた若い男女の腕に浮かび上がった「Level7」の文字。
少女の行方を探すカウンセラーと自分たちが何者なのかを調べる二人。
二つの追跡行はやがて交錯し、思いもかけない凶悪な殺人事件へと導いていく。

久々の宮部作品。コレも類にもれずかなり面白いです。
650ページにもおよぶ長編ながら、全く飽きさせない展開。

難点をあげるとすれば、女子高生の失踪した経緯が弱く、
c0002431_14582548.jpg記憶を失った2人の話とを結びつけるのが、
やや強引な設定である気もしたかな。

ただ、あくまで粗を探せばという事なので、
全体的には素晴らしい作品だと思います。

この話にも小さな子供が登場するのですが、
小学生ながら彼女、すごいです。

ちなみにレベル7というと、ちょうど バギ が使えるようになったくらいでしょうか?byドラクエ

今週の読書
宮部みゆき 著  「レベル7」 ・・・ ★★★★★
[PR]
by juverazio | 2005-10-22 15:01 | book