THE MASK CLUB

恋人の持っていた1枚のカード 「 THE MASK CLUB 」 。
そのカードの意味を調べるべく、男が向かったマンションの一室では・・・って話。

1997年6月に村上龍が手がけたWebサイト 「tokyoDECADENCE」
内にて書かれた小説。
当時はちょっとした話題になってたみたいで読んでみたんだけど。

う~ん、村上龍の作品ってセックスと薬の話が多くて、
いまいち(いまに、いまさんくらい)好きになれないんだけど、
今回も例に漏れずSMの話でした。
ただ、この話は 「限りなく透明に近いブルー」 みたいな痛々しい話ではなかったので、c0002431_19565996.jpg
読みやすかったけど、別にたいして面白い話でもなかった。

昼ご飯食べながら読むには適していないのは確かかな・・・

今週の読書
村上龍 著  「THE MASK CLUB」 ・・・ ★★☆☆☆
[PR]
by juverazio | 2005-07-28 19:56 | book