スプライト

c0002431_1373867.jpg


高校2年生のスーは、自分の受験勉強に打ち込みつつ、
毎朝引き籠もりの幼なじみのために書き写したノートを届ける日々をおくっていた。
通学時のメンバーは、仲良しのミキとキリコの2人。
“その日"もいつも通りノートを届け、いつも通り3人で学校へと向かっていたが、
何故かスーだけが“黒い雪"が空中を舞っているのを目撃して・・・


よく昼飯を食べにいく喫茶店には様々な雑誌が置いてあるので、そこで読んでました。
東野圭吾のパラドックス13に似た感じもしますが、続きが気になります・・・
[PR]
by juverazio | 2010-09-30 13:14 | book